2012年10月05日

シングルベッド

『放送室』では、よく「何でこんなことが起きんねん!」というエピソードが話されます。
この二人、本当についていないというかついているというか、自分の身にありえないトラブルが降りかかるんですね。

今回は、『ごっつええ感じ』で地方に行った時のトークです。

松ちゃん「『ごっつ』でどっか行った時、まあ夜誰かの部屋でみんなでわぁ〜やりますわな。今田とか東野とかと。部屋のベッドとかもまぁダブルベッドが二つあるような部屋やわ。で、結構遅なってきたから、そろそろ寝るわって行って、自分の部屋戻ったんや」

高っちゃん「ほう」

松ちゃん「そしたら、シングルベッド1個やねん。うそ〜。わしゃメダカかと」

高っちゃん「っはっはっは!(爆笑)」

松ちゃん「岡本ー!!!(怒)」

高っちゃん「っはっはっは!(爆笑)はよ寝たいしな(笑)」

松ちゃん「明け方4時ぐらいや。岡本(当時のマネージャー)ちょっと来いー!!!(怒)」

高っちゃん「っはっはっは!(爆笑)」

松ちゃん「ビックリしたで(爆笑)」

松ちゃん「岡本、ちょっとこれ見てみー!声裏返りっぱなしや」

高っちゃん「裏返しっぱなしや。分かるわ」

松ちゃん「岡本もそれ見てちょっと笑ろたもん。『うわ・・』って。『すみません』って」

高っちゃん「こっちはこれまで頑張ってきてんねんってな。」

松ちゃん「シングルベッドって」


このトークは本当に笑いましたね。
本気の『何でやねん』ですよ。

松本さんの「岡本ーーー!」の絶叫がなんか悲しかったです。
松本さんはホントこういうことがよく起こりますね。


posted by 放送室室長 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板尾創路の年の瀬のあいさつ

年が明け、お互い「あけましておめでとうございます」という
あいさつなんかしたことない、という話になったときです。

松ちゃん「俺ら、『あけましておめでとう』なんて言ったことないな〜」

高っちゃん「そうやな〜。仕事仲間にはしたことないな〜」

松ちゃん「そうや、前、年末の『ガキ』かなんかに板尾が来たとき、あいつ、意外と大人みたいなとこあって、『それでは皆さん、良いお年を』って元気よ〜くあいさつして、板尾らしないなと思って、板尾がふぁ〜って帰っていったら、20分ぐらいしたらカバン忘れて戻ってきおった(笑)」

高っちゃん「っはっはっは(笑)あれもひどいよなぁ」

松ちゃん「(笑)不思議、不思議」


板尾さんらしいですね。
たぶん、戻ってきたときも何食わぬ顔してたんだろうな〜。
普通ならちょっと恥ずかしくなるものですけど。

ほんとう、板尾さんの中身が不思議です。
posted by 放送室室長 at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。