2012年10月10日

山崎邦正の野望

この『放送室』では、山崎邦正さんの話題でもよく盛り上がりましたね。

大抵は、

「山ちゃんの面白ハプニング」

「山ちゃんのありえない話」

「山ちゃんの腹が立つ話」

そんな山ちゃんエピソードの中から、松本さんが「あきれて笑ってしまう」という話がありました。

松っちゃん「あ、もう〜山崎の展望聞いてくれる。飲みながら聞いてて、こいつアカンわって思たわ」

高っちゃん「あ、もしかしてあのことかな〜」

松っちゃん「『もう山崎どうすんのこれから』って」

高っちゃん「ああ〜、今後ね」

松っちゃん「『テレビはテレビとしてどうすんの?』って。そしたらね、山崎、真剣に言うてるんですよ。落語家になるゆうて」

高っちゃん「っはっはっは(笑)あ、俺もそれ聞いて笑ろたもん」

松っちゃん「んっはっはっは(笑)ほいでね、『月亭』もらうんですって。」

高っちゃん「聞きました、聞きました。その下の名前も聞きました」

松ちゃん「知らん、知らん」

高っちゃん「もう下の名前も出来上がってもうてんねん」

松っちゃん「え〜〜!(驚)俺それ知らん!」

高っちゃん「自分、自分!自分の中でよ」

松っちゃん「ああ〜山崎が自分で決めた名前があるのね。何で、山崎が決めんねん」

高っちゃん「・・・・『バンビ』やねん」

松っちゃん「(爆笑)っはっはっはっは!!!」

高っちゃん「(爆笑)っはっはっはっは!!!」

松っちゃん&高っちゃん「『月亭バンビ』!」

松っちゃん「(爆笑)っはっはっはっは!!!」

高っちゃん「(爆笑)っはっはっはっは!!!」

松っちゃん「もう死んでしまえ!(笑)」

高っちゃん「もう、かわいくあろう、かわいくあろうとして(笑)笑てもうたわ。バンビって!何になりたいねん」

松っちゃん「もうアホでしょ、あいつ」


これは爆笑してしまいましたね。
「バンビって」

山ちゃんの「かわいくありたい」という、意味の分からない思いは何なんでしょう?

二人はあきれ笑ってましたね。
本当に面白いです。山ちゃんのこういった発想。

ちなみに、山崎さん、本当に落語家になりましたね。
気になる名前は・・・

「月亭方正」でした。

漢字が違うだけで、読み方変わらないって!
面白すぎです。
posted by 放送室室長 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。