2012年10月03日

白岩さんの面白い話

吉本のお偉いさん?
ベテラン放送作家?
とにかく
お二人と関わりの深い、白岩さんという方の話になった時です。

松ちゃん「(笑)白岩さん、く、く、く(笑)。あの人ホンマ大阪のおっさんやな!」

と、白岩さんの大人とは思えないような発言をするという話で盛り上がり、

松ちゃん「で、とにかくあの人ずっと怒ってる(爆笑)」

たかちゃん「まあ、らしいっちゃらしいね。あ〜おもろいな〜(爆笑)]

松ちゃん「あのね、超人って書いてあるTシャツ着てたからね。ほいで、次の日の、凡人ってTシャツ着てたからね」

松ちゃん「(爆笑)」

たかっちゃん「(爆笑)」

松ちゃん「何があったんや。(爆笑)」

たかっちゃん「何でそれとそれ買うたんや(爆笑)」


こんな話を聞くと、大阪のおっさんのノリって面白いな〜って思いますね。
で、理解できない行動や、言動。

二人の周りには本当に面白い人が多いですね。
そういう人を引き付けてるのかな〜。
posted by 放送室室長 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリエイターにとって最も大切なこと

ある時、高須さんからクリエイターにとって一番大切なことは何だと思うか?という問いを、松本さんに投げかけていました。

松本さん
【つじつま合わせ】
「自分が思いついたこと、考えたことをいかに正解に持っていくか、それが大事。結局、何か思いついた時点で、それが正解かどうかなんか分からんねん。一番大事なのは、それをなんとかしてパズルを組み合わせて、最終的に正解、すごいものに作り上げていくことが大切やねん」

高須さん
【原風景】
「ボクは原風景やと思いますね。やっぱり、松本の作品とか見ていると、尼(尼崎)の風景や、人や、空気が色濃く反映されているもん。小さいときにどんな人と会って、どんなことを考えてきたか、その環境が、今の発想や考えの源泉になっているねん。だから、クリエイターにとっては、その時期の原風景が大切やねん。


んん〜なるほど、どちらも非常に大切だと思いますね〜。

独自の発想や思いつきは原風景がモロに影響を与えていて、そこから作品を作り上げていく過程では、つじつまあわせが大切になってくるんだな〜と。

クリエイターの端くれではあり自分の魂にも非常に強く刻み込まれたお話でした。.


posted by 放送室室長 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛で大事な3つの「ING」

『放送室』では、なるほどな〜、と勉強させられるようなお話もしていました。

あるとき恋愛のトークになったときに、高須さんがこんなことを話していました。

たかっちゃん「いや〜、ねぇ。ある人が言っていたんですけど、恋愛には大切な3つの『IGN』があると」

松ちゃん「ほう」

それが,

@FEELING

ATIMING

BHAPPENINNG

たかっちゃん「フィーリング。これはやっぱり人ですから最初に大事になってきますよね。で、タイミング。これは、やっぱり出会ったときに、相手に彼、彼女がいたり、結婚していたらうまくいきませんよね。で、最後にハプニング。なにかハプニングが起きることによって、急に気持ちが強まったりってあるじゃないですか。ボクはこれを聞いて、へぇ〜なるほどな〜って思いましたね〜」

松ちゃん「確かに。イイこと言うね」


この3つの「ING」に関しては、素直にいや〜なるほどって思いましたね。うまいこと言ったな〜と。

特に、ハプニングね。なんか、別にうまくいっていないわけじゃないんだけど、結局別れちゃった、みたいなことってあったな〜。

あれって、非日常的ハプニングがなかったから、うまーい具合にお互いの気持ちがはまらなかったのかな、と思います。


やっぱ、高須さんは仕事柄、色んな業界の人と話す機会があるだけあって、面白いこと知っているな〜と思いますね。
posted by 放送室室長 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。